中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】

Menu

5年を意識しよう

マンション

時間がかかります

投資マンションを売却する時に気を付けるべきことがいくつかあります。1つ目は交渉時間です。投資マンションの売却は相対取引となります。そのため、買主が現れるまでに時間がかかることもあります。特に売値にこだわる時には、売却までに数ヶ月かかることも視野に入れておきましょう。もし、現金化したいと考えているのであれば、必要な時期から逆算して半年前くらいに行動を起こすとよいです。2つ目に気を付けなければならないことは税金です。投資マンションを保有していた期間によって、税率が大きく変わってきます。短期売買の場合には所得税30%、住民税9%、復興特別所得税を含めて合計で39.63%の税金がかかってきます。一方で、長期売買の場合には所得税15%、住民税5%、復興特別所得税を含めて合計20.315%の税金がかかってきます。ここでいう短期と長期の違いは譲渡した年の1月1日時点で5年を超えているか超えていないかを言います。5年以下の場合には短期となり、5年を超えていたい場合には長期となります。投資マンションの売却を急ぐ必要性がなければ、5年以上保有することを念頭に置いておくとよいです。もしも、もっと短期間のうちに売買を繰り返したいと考えているのであれば、投資マンションを購入するよりも、上場不動産投資信託に投資をするとよいです。上場不動産投資信託の場合、税率はいつ売却をしても20.315%と一律になっています。

Copyright© 2018 中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】 All Rights Reserved.