中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】

Menu

海外物件への投資方法

紙幣

投資までのプロセス

海外不動産投資を行う上で重要になるのは、当然のことながら投資対象となる物件探しです。投資対象となる物件を効率的に探したいのであれば、まずは海外不動産投資をしても良いという国の絞込みを行ったうえで、その国で不動産売買の仲介を行っている業者に物件紹介を依頼するのが有効です。この点、日本人投資家が少ない国だと外国の不動産仲介業者に依頼せざるを得ませんが、日本人投資家の数が多い国だと、日本人の投資家向けにサービスを提供している不動産業者も多く、そうした業者だと日本語対応してもらえるので便利です。業者に依頼をしたら次のステップはその業者から送られてくる候補物件の初期スクリーニングを行います。初期スクリーニングを行い、目ぼしい物件が出てきたら現地に赴いて物件の実査を行うのが一般的です。この点、海外の不動産であるため物件の実査が行えないという場合には、物件の実査を海外不動産投資家に代わって行ってくれるサービスを提供している会社もあるので活用すると便利です。実査が完了し、物件に問題が無いことを確認したら次は売り手との間での売買契約書の締結を行います。売買に際して必要になる書類や手続きは、その不動産が所在する国によって異なります。現地の法律に精通していれば海外不動産投資家が自ら交渉や契約書の作成手続きを行ってもよいですが、殆どの場合は現地の法律に精通した外部弁護士を雇用して、契約書を作成するのが一般的です。

Copyright© 2018 中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】 All Rights Reserved.