中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】

Menu

2割の頭金を用意しよう

マンション

サブリースを活用しよう

中古ワンルームマンション投資に興味を持っている人は多いですが、興味はあるものの、なかなか1歩を踏み出すことができないと悩んでいる人も少なからずいます。このように悩んでいる人の要因は、主に2つあります。1つ目が中古ワンルームマンションといえども、1戸当たりの投資金額が大きすぎるということです。確かに中古ワンルームマンションの価格は築年数やエリア等にもよりますが、概ね1000万円から2000万円で推移しています。これらの投資金額を自己資金ですべて用意しようと考えると大変なことです。しかし、中古ワンルームマンション投資をする場合には、銀行や信用金庫からお金を借りることができます。借入を利用すれば、購入時に用意しなければいけないお金は大幅に減らすことができます。物件価格の2割程度を用意しておけば問題ありません。2つ目の要因は空室リスクです。中古ワンルームマンションは入居者がいてはじめて収益が発生します。中古ワンルームマンション投資において、空室リスクは常につきまといますが、リスクを小さくしたり、回避したりする方法もあります。リスクを小さくする方法は物件を厳選することです。都市の中心部にある物件を購入すれば空室になっても入居者はすぐに見つかります。また、サブリースという方法を取れば、空室リスクをゼロにすることができます。サブリースの場合、空室になってもサブリース会社が家賃を支払ってくれるのです。

Copyright© 2018 中古マンションを利用して投資をしよう【資金相場を紹介】 All Rights Reserved.